東京都のレンタルオフィス(SOHO・賃貸事務所・小規模オフィス)はお任せください

レンタルオフィスを借りる際の注意点とポイント

事務所を構える手段としてレンタルオフィス、貸事務所、マンション・アパート等、いくつかの方法を想像している男性のイメージ画像です。

不況が叫ばれて短くはない昨今、起業、独立される人の数は決して減ってはいません。むしろその数は増え、レンタルオフィス・SOHO事務所のニーズは増えているのかもしれません。

事務所を構える手段としてレンタルオフィス、貸事務所、マンション・アパート等、いくつかの方法があります。

それぞれにメリットとデメリットが存在する中で、いかに資金を減らさず、より効果的、合理的なオフィスを選択するかは、大きなポイントとなってきています。

レンタルオフィス・SOHOオフィス選びの注意点

共有のスペース、サービス、備品のイメージ画像です。

貸事務所、アパート、マンション等との比較の中で、レンタルオフィス・SOHOオフィスを選ぶことになった場合、注意点があります。各個室の占有面積が小さいため、割高感もありますが、ミーティングルーム等を他のオフィスと共有することにより、実際に利用するスペース、設備としても非常に合理的なのです。

個室のみなのか共有のスペース、サービス、備品の有無により利用方法、初期費用も大きく異なってきます。

入居の際には料金だけではなく細部まで確認することが必要です。
予算に見合ったから、ただそれだけで安易に選んでしまわないで下さい。

レンタルオフィスは本当に「格安」の事務所なのか

レンタルオフィスは格安ではないことを説明した画像です。

率直に申し上げます。レンタルオフィスは格安ではありません。
どんなに合理的なオフィスだと言っても、坪単価も高く、長期的に見れば決して安い買い物ではありません。

ただし、賃貸事務所を借りた場合に比べ、大きく違うのが初期費用です。保証金は必要なく、什器、複合機、インターネット回線等必要な設備が整っているので、すぐに仕事を始めることが出来ます。

事務所を構えるにあたり、何も買う必要がない、大きなメリットだと思いませんか。
貸事務所を借りた場合に比べ、保証金や什器、複合機、インフラ関連などの初期投資を含めると、なんと7〜8倍も安く押さえることも可能になってきます。

レンタルオフィス・SOHOオフィスの「正しい選び方」

では、なぜそんな「決して安くはない」レンタルオフィスが今の時代必要とされているのか。
起業したばかりの会社では、事業が起動に乗るまで、出来るだけ支出は押さえたいもの。

でも、だからといって、格安のみが売りのオフィスでいいのでしょうか。
一等地の住所から得られる信頼、初期費用を抑えて、手元に残せる資金、いずれも売上を伸ばすための手段に成り得ると思います。
ハローオフィスでは、そんな物件を提供しています。

オフィスとして構えるから、安ければよい、ただそれだけではダメなのです。
必要な備品・サービスはありますか。立地は仕事にプラスになっていますか。必要なスペースはありますか。そして無駄なものはありませんか・・・。
オフィス選びに迷ったら・・・、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。