東京都のレンタルオフィス(SOHO・賃貸事務所・小規模オフィス)はお任せください

家賃・使用料の相場

東京23区内のレンタルオフィス・貸事務所をイメージした画像です。

東京23区のレンタルオフィス・貸事務所の使用料(家賃)相場は高い順に、銀座、青山、渋谷エリアとなっています。賃料は上昇傾向が続いており、今後も同じように推移するだろうと言われています。
人気のエリアは業種ごとによって異なります。

例えば店舗系の企業に人気なのは「銀座」。デザイン系の業種に人気なのは「青山」、「渋谷」。IT企業に人気があるのは「渋谷」、「秋葉原」といったところでしょうか。

業種別人気エリア例
店舗系銀座
デザイン系青山、渋谷
IT企業渋谷、秋葉原

その中でも根強い人気なのは、やはりアクセスのよい東京駅周辺。
ビジネスの中心「丸の内」を擁し、賃料相場も本来なら高めの人気エリアです。小規模オフィスはほとんどないこのエリアですが、ハローオフィスでは、ハイグレードタイプの「丸の内」、スタンダードタイプの「日本橋」、安さだったら「東京」とお客様のご希望に合わせた3物件をご用意しております。

最近人気のレンタルオフィス・貸事務所エリア情報

東京のレンタルオフィス・貸事務所の人気エリアを説明した画像です。

東京ビジネス地区(千代田・中央・港・新宿・渋谷の計5区)のオフィスビル平均空室率は、ここ数ヶ月減少傾向にあります。
特に新宿・代々木・渋谷・品川・新橋・丸の内・神田・秋葉原・御徒町・駒込の山手線上の物件、青山・霞ヶ関・銀座・水道橋の山の手線内の物件は人気があります。
このエリアの中でも特に、JRと地下鉄が交差するアクセスの良い地域は常に人気が高くなっています。

最近、人気が上昇しているのが、千葉、埼玉、神奈川の入り口として便利な物件です。
埼玉からの入り口「浅草」、千葉の入り口「錦糸町」、神奈川からの入り口「蒲田」等、便利さと賃料の安さが認知され見直されてきています。

人気のあるエリアは賃料が高く、使用料に負担がかかります。しかし、ちょっと視点を変えると、実は割安な家賃の上に、都心へのアクセスも抜群で、起業時にぴったりのエリアなのです。

東京のレンタルオフィス・貸事務所 家賃・使用料の相場

東京のレンタルオフィス・貸事務所の家賃・使用料の相場を見てみると、山の手線内、都心中央エリアは賃料が高くなっています。
また同じ山手線でも、渋谷、新宿と比べ、駒込、御徒町といったエリアは、同じ金額でも全く異なってきます。
更に、東陽町、錦糸町、浅草、中野といった山手線から外れるエリアは、安い賃料となり、同じ広さでも、借り得感を感じることが出来るでしょう。

エリア家賃相場
千代田区 丸の内・大手町エリア
麹町・番町エリア
内神田・鍛冶町エリア
外神田・岩本町エリア
飯田橋・九段エリア
中央区京橋・八重洲・日本橋エリア
銀座エリア
日本橋本町・日本橋室町エリア
築地・新富・茅場町エリア
東日本橋・新川エリア
港区新橋・虎ノ門エリア
赤坂・青山エリア
六本木・麻布エリア
浜松町・高輪エリア
芝浦・海岸エリア
新宿区西新宿エリア
新宿・歌舞伎町エリア
四谷・市ヶ谷エリア
高田馬場・大久保エリア
早稲田・神楽坂エリア
エリア家賃相場
渋谷区渋谷・道玄坂エリア
桜丘・南平台エリア
千駄ヶ谷・代々木エリア
恵比寿・広尾エリア
初台・本町・笹塚エリア
品川区
大田区
五反田・大崎エリア
北品川・東品川エリア
大森・蒲田エリア
豊島区
文京区
北区
東池袋・南池袋エリア
池袋・西池袋エリア
巣鴨・大塚・駒込エリア
湯島・本郷・後楽エリア
台東区
江東区
上野・台東エリア
東陽町・木場エリア
墨田区錦糸町・亀戸エリア
中野区中野エリア
レンタルオフィス・貸事務所 起業時に最も多い賃料相場

ハローオフィスのレンタルオフィス・貸事務所を利用することで、初期費用を少なく抑え、起業資金の有効利用が可能であることを説明した画像です。

起業する時は、少しでも賃料を抑えたいというのが、本音のところ。
ハローオフィスのレンタルオフィス・貸事務所には、高い相場のエリアでも、従来の賃貸事務所より初期費用が少なくご入居できます。
駅によっても、相場が異なりますので、場所にこだわりがなければ、安い駅で探すとより良い物件を借りることが出来ます。

最初は月々の使用料を抑えつつ、会社の成長によってより広い、あるいは一等地の住所のレンタルオフィス・貸事務所へと移転することも可能です。

場所にこだわりがなければ、相場の安い駅で探すのもひとつの手だと思います。
その分、きれいなオフィスや広いオフィスに入れれば、その方がいいのかもしれません。
ハローオフィスのレンタルオフィスを是非是非ご検討下さい。